キミが一番

ハッピーオブザイヤー!

夏を駆け抜けた結果、鬱病を診断されたオタクの話

タイトル通りです。

 

お久しぶりです。去年の夏はちょっと暑すぎて、ちょっと長過ぎたね。40度周辺をふらふらしている温度計を見ては地球も頭おかしくなったんだなあとため息をついていました。

 

去年の夏、私はジャニーズJr.の男の子達に夢中になり、自分の人生史上最も楽しい夏を過ごしました。TDCホール→六本木EX THEATER→TDCホール、ほぼ毎日更新されるYouTubeチャンネル、レギュラー番組のバラエティ……現場もある!家に帰っても動画がある!正直月に2度の少クラと雑誌5冊で生き延びていたオタク(これでもかなり恵まれている)にとって、2018年の夏は供給!供給!!だし、はしみずに関しては「平成最後であり、高校生生活最後*1の夏休み」という非常にエモい夏だった。

 

正直な話、だからといって楽しいだけじゃない。会場にいる周りのファンだったり、それこそ自分のチケットの座席番号だったりにいい意味でも悪い意味でも振り回されまくって、本当に毎日が一喜一憂の連続で、夏バテなんてしている暇がなかった。ただ楽しかったのは事実であり、本当に二十云年生きてきた中で1番楽しかった夏の自信はある。本当に楽しかった。夏の思い出を語りたい気持ちはあるけど、今回の本題ではないので端折ります。

 

個人的な話になるけど、私は去年の春、新社会人になった。(年齢詮索しないでね)新生活!新しい職場!一人暮らし!みたいな新しいことのビッグウェーブに飲まれて、うわああってなってた。正直家と会社の行き来で自分の八割が奪われていたし、蓄積された疲れが取れていない自覚はあった。それでも「夏は現場のチケットあるから…」と、6月の自分がなけなしの金で買ったチケットを胸に生きていた。

 

8月が終わって、9月。世間はドリボと少年たちによる、帝劇と日生劇場のハシゴを楽しんでいる中、私のオタク生活はパタリと終わった。チケットが取れなかったことは大きな要因としてあるけど、それ以上に「行きたい!」という熱とかが全部消えた。いわゆる燃え尽き症候群である。「私の繁忙期は夏」と言い聞かせて、チケットのない現実を受け止めながら、それでもあの子たちは頑張ってる…私も頑張ろうと自分を鼓舞して毎日生きていた。はずだった。

 

この「○○くんも頑張っているから、私も頑張ろう」という私の中のジャニオタイズム*2は自分に力ではなく、プレッシャーを与え続けていた。寝ても覚めても仕事、仕事、チケットはご用意されず仕事、仕事、理不尽な上司、仲は良いけどどこかよそよそしい同期、現場に入らないことで分からなくなる話題、仕事、仕事、チケットはご用意されない、仕事、仕事………○○くんは頑張ってるって言っても、○○くんって今何してるの?チケットも取れないのに何を頑張ってるの?好きなものを追いかけるという熱意を全て奪われ、唯一の楽しみであるフォロワーとの飲み会でも仕事の愚痴をこぼさなくなった。ひたすら楽しいことをしようとしても楽しいが分からない。仕事に行けば上司に詰められる。気がついた頃にはどん底まで落ちていた。いわゆる闇堕ちである。

 

1月のある日、フォロワーの「しんどいんだったら1日休も?1日くらいなら大丈夫だよ。」という声がけから、1日有給消化した。その瞬間今まで走り続けて見ないふりをしていた色々なことに気づき、このままじゃ私やばいのでは?と思い、カウンセリングに行き、そうしたら病院を紹介され、あれ?と思った頃にはこう言われていた。「そう鬱状態ですね」と。

 

渡された診断書を会社に渡し、私はほぼ2ヶ月休んだ。病院からは実家に帰っていっぱい遊んでくれ、それで楽しいことを楽しいと思えるようになろう、気持ちが落ち着いたらきっと気ごとに戻れるよ。と言われた。えっ全然落ち着いてるんすけど?!?!?!と何度も先生や上司に言ったものの、どこからどう見ても落ち着いていないらしい。それもそのはず、この頃には仕事の前後に泣き始める、人目に怯えて常に周りを見ている、長時間物事に打ち込めない、指摘、アドバイスなどを全て「怒られている」と認識する、自分の意見を言えず「私が全て悪い」と考え込む、挙句の果てには「すみません」と「ごめんなさい」しか話さない……まだまだ色々あるけどここまで追い込まれていた。趣味でも、ライブに行っても楽しくない、チケットがあるのにライブに行かない、グッズを買っても直ぐに手放す、それどこかグッズすら買わなくなる、少クラ・YouTubeのメディアを目にしない、フォロワーと遊んでも楽しくない……など趣味すら追い込まれていた。

 

2ヶ月休んで、ようやく楽しいことが楽しい!と思えるし、現場のチケットも自発的に取るようになった。(これはすごい進歩)つねに最新の情報をキャッチするのはまだしんどいけど、自発的に「推し事」をするようになった。

 

そして今日から私は出社する。会社には私を追い詰めた上司もいる。2ヶ月の遅れというハンデもある。

 

それでも、「浮所くんが頑張っているから」、私も頑張ろうと思う。この理由がプレッシャーにならないようになればいいな?

*1:平成最後の夏ってなんかいいよね

*2:ネーミングセンス無いね