キミが一番

ハッピーオブザイヤー!

世界中のSixTONES担に聞いてほしい「Be My Steady」

今回は元声オタで現ジャニオタの人間として一つプレゼンしたくてここにやってまいりました。
はてなブログという様々な猛者が集う戦場で私が残せるものは何なんだろう…とか思いましたが多分誰からの反応もなく終わるのは重々目に見えてるので今回も好き勝手やらせていただきます。

 

 

 

今回は今大注目のジャニーズJrグループSixTONES」に、「ギャラクシー・スタンダード」のBe My Steadyを歌って欲しいということです!!!!!! 

 f:id:snow1024y:20171121074055j:image

 

まぁ、まずは曲を聞いてくれよ。

 


Galaxy Standard - Be My Steady MV without rolling credits (Prince of Stride Ending Theme)

 

 えっっっめっちゃかっこよくない!?!?!?!?てかオシャレ!?!?!?!? 

 

そうです、この曲、めちゃめちゃオシャレ

 

歌詞がなくとも分かるキラキラオシャレ感がYABAI

 

「えっ…アニソンなのにこんなかっこいいの…?」ってなったジャニオタ、中でもスト担にこの曲を広めたいという企画です!!(ヤクザ)

 

※今回自分の書きやすさを優先したためキャラ名でなく声優名で歌うことをお許しください。

 

 

 

 

プリンス・オブ・ストライドって?

 

まぁまずプリンス・オブ・ストライド、ざっくり言うと高校生達がストライド(パルクール+駅伝って感じ)で日本一を目指す話なんですが、このストライド、めっちゃ金がかかる。

街全体を使ってやる競技のため、開催地への遠征費などの出費がかなりでかい。だから自分たちだけでなく、スポンサーの方に負担してもらって競技に出場しているんですよ。

f:id:snow1024y:20171121050134j:image

こんな感じでユニフォームに広告ロゴがある。妙なところがリアル。

 

ギャラクシー・スタンダードとは?

 

ギャラクシー・スタンダード、通称ギャラスはライバル校、西星学園高等学校ストライドチームのメンバーによるアイドルユニットです。(この学校には芸能コースがあって、ギャラスタさんは言わばスクールアイドル)

 

設定盛りすぎじゃない?って言っちゃダメ!!!!!!!!

  

f:id:snow1024y:20171121050501j:image

 

ちなみにこれがアイドルしてるギャラスタ。スタイリッシュさがハンパねぇ。

 

ギャラスタとストの融和性

 

その1 メンバー

 

ギャラスタ、個性が強い。

SixTONESと言えば、ギャグ製造機中二病の姫 、ジャニーズ界の壇蜜千葉のラッパー圧倒的リアコやんちゃな短パンと、もうなんか個性と個性の殴り合いみたいなとんでもユニットでスト担、自軍のメンバーの個性の強さは誰よりも理解してるけどギャラスタもまあすごい。

 

f:id:snow1024y:20171121050309j:image

左から順に、ハイテンションなムードメーカー毒舌京都弁穏やかなまとめ役カリスマラッパー可愛い担当(※政治家一家)と、あれこれどっかで見たのが…?が何個か混ざっている。

 

ちなみにSixTONESの平均身長は176ギャラスタの平均身長は175.8でかなりいい勝負をしている。

二次元アイドルといい勝負してるSixTONESマジでやばい。

 

その2 ユニット編成

ストもギャラスタも「ツインボーカルメイン」型なんですよ。

最近はそんなことも無いけど、ストはジェシーときょものツインボーカルをセンターがメインで、ギャラスタは宮野真守豊永利行ツインボーカルメイン。

 

このツインボーカルが両ユニットバケモノレベルで歌が上手い。

 

宮野真守って言ったら男性声優アーティストでもう日本代表するんじゃないの?ってくらいのレベル(例:武道館ライブ、アリーナツアー等)で、まあ名前と顔は見たことあるよね、って感じの人ですよ。つい先日VS嵐福士蒼汰くんたちと出てた人です。あのなんか足の長いやべえ奴。

 

一方豊永利行もまあすごい。元々俳優でテニミュとか出てたけど、声優業を始め、アーティスト活動もしたマルチな方なんですがまあすごいのがその才能ですよ。自分で作詞作曲して、それを他の方にプレゼントしたり、なんならアニメで楽曲提供もしてる。あと先日自分でレーベル立ち上げました。

 

声優とは…俳優とは……アイドルとは………

 

Be my Steadyの歌って欲しいポイント

 

さあやっと本題です!!長かった!!

 

そんな感じでなんか似てる?2グループだけど、なんでそんなにSixTONESギャラスタの曲歌って欲しいねん!?って言うのをやっと紹介します!!

 

ギャラスタ知ってる人はここからで全然大丈夫なんで!!それでは行きましょう!!

 

その1 Be My Steadyのタイトルが既にスト担向け

 

 ギャラスタ、数曲持ってるけど今回は特に、特に!!歌ってほしいこちら「Be My Steady」なんですが、曲のタイトルからもうスト担向け。

 

【名詞】【可算名詞】
《口語》 決まった恋人,ステディ.
【動詞】 【他動詞】
〈…を〉しっかりさせる,強固にする,安定させる.

 

口語で言うと「俺の恋人になって」になるんですわ。スト担もといオンナ歓喜

曲のタイトルからストっぽさがやばい。

多分Love-tuneだと「My Cinderella〜僕だけのモノ〜」とかだし、Snow Manだと「Everlasting love」とかだと思う。(異論は認めます)

ラブもスノも「可愛い自分の恋人との歌」がめちゃめちゃ似合うし多分デートに行く時の待ち合わせとか歌っちゃうけど、SixTONESは「俺のオンナになれよ

やばい〜〜〜!!!!!!!なるしかねえ〜!!!!!!!

 

その2 歌詞が「奪い合い」

 

Be My Steadyの歌詞内容がよく読んだらみんなで1人の女性(≒貴女にしとこう)を奪い合ってる構成になってるんですよ。

 

ちょっとまともに勝手なんですが、ここから歌詞をスト担に分かりやすく、公式に基づいてパート割して説明していきますね。

 

個人的にこう。

宮野真守ジェシー

豊永利行京本大我

鈴木達央松村北斗

江口拓也田中樹

小野友樹森本慎太郎

平川大輔髙地優吾

 

[ジェシー&京本]だから何度でも言おう キミのことを誰よりもわかっているのは
銀河中どこ探しても

[京本]僕だけさ [ジェシー]俺だけさ

 

Aメロからツインボーカル2人に言い寄られてる感じ、悪くない。もう掴みはオッケー!

 

そして続くように残りのメンバーも出てきます。

 

[樹&北斗&慎太郎]ちょっと困るぜ ぬけがけてく Style

[ジェシー&髙地]Too late
[樹&北斗&慎太郎]読めないか

[ジェシー&髙地]Caution

[樹&北斗&慎太郎]不文律

[ジェシー&髙地]She's mine

[京本]僕が最初に見つけたんだ

[ジェシー]Hey you, Don't be silly!!

 

全員出てきてちょっと待っていやいや俺も、はあ俺もだよというワイワイがやがやした感じになるんだけどま〜〜〜テンポも良いし曲も良い。

 

えっ、てか公式に基づいて歌詞割したのに勝手にジェシーと優吾が同じユニットになってるのやばい。強い。

 

闇を裂き Spark してく Love War

キミは試すみたいに Smiling
知ってか知らないのか 絶妙な距離感

It's so misty heart
うち合わせしよう未来の 待ち合わせキャンセルされても
星の一生からすりゃ こんな浪費時間(ロス)は一瞬 触れそうで触れない

簡単じゃ 何でも望みなら ないキミが 叶えてあげるよすべて Yeaheah
駆け抜ける 絶え間なく湧くパワー
このハートを キミに尽くさせて Oh, please!!

 

このとんでもなくオシャレなサビが何とツインボーカルの二人の掛け合いと、残りメンバーによる三つ巴体制、肉寿司ラーメンみたいなパンチの効いた掛け合いという名のボーカル力による殴り合い。

 

ここはちょっと事細かに解説させて頂きますが、

 

闇を裂き Spark してく Love War
キミは試すみたいに Smiling
知ってか知らないのか 絶妙な距離感 It's so misty heart

 

この夏影との戦いで闇を切り裂いたSixTONES、次は愛の戦いですって。熱いね。

 

SixTONESの皆様に取り合いされてる女性である「キミ」は試すみたいに微笑んで絶妙な距離を保ってるらしいんだけど、このオンナ、なかなかのやり手だな?

 

うち合わせしよう未来の 待ち合わせキャンセルされても
星の一生からすりゃ こんな浪費時間(ロス)は一瞬

 

この曲の男子メンタルクソ強いのがここなんですけど、予定がキャンセルされても「大丈夫、星に比べたら一瞬だから!」と言っちゃえるハートの強さよ。

2人だけの予定のはずがいつの間にか銀河レベルで発展するこのスケールのデカさ。カッコよすぎる。

 

多分ここLove-tuneなら「迎えにいくから」になる。(異論は認める)

 

その3 作詞作曲がオシャレ

 

まあ聞いていただいたんでわかると思うんですけど、オシャレ。とにかくオシャレ。

 

作曲を担当しているのはジャニーズ的には「Fighting Man/NEWS」、声オタ的にはOLDCODEXの元メンバーのR・O・Nさん、作詞はけいおん!の楽曲や今のプリキュア(キラキラ☆プリキュアアラモード)の楽曲の作詞をされている大森祥子さん。

 

デジタルサウンドの下に流れるオシャレなピアノのメロディー、そして自信満々な男達による口説き合戦。

 

いやあこれはストに歌って欲しい。

 

オチ

元々男性声優のオタクだったんですが、SixTONESに出会って、まあ1年ぶり位に聞いたらなんだこれ、SixTONESに歌って欲しい!!となって今回このブログを書きました。

 

スト担にも、なんならこのブログを読んでSixTONESって何だろう?ってなった声オタの皆さんにも是非両者のことを好きになってもらえたらな!と思います!!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

 

TVアニメ「 プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 」 エンディングテーマ「 Be My Steady 」

TVアニメ「 プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 」 エンディングテーマ「 Be My Steady 」

 

 

「ジャニーズ」をよく分かっていない貴方に捧ぐ ジャニーズJr解説本

最近ジャニーズJrにメロって楽しく生きてます。メロメロ~。

 

先日、全くジャニーズがわからない友人に「ジャニーズJrって何?」って言われて、気合入れてパンフレット作って渡しました。

 

f:id:snow1024y:20171113151445j:plain

 

気合を入れすぎた。

 

渡した友人には「意味が分からない」「分かりやすいけどなぜ?」とのことでした。
元から好きになったものを人にプレゼンしたがる癖があったから…ついうっかり……

まあその友達に渡すだけだともったいないなって思ったのでここで供養させようというのが今回のブログ。

 

 

 

題して、「「ジャニーズ」をよく分かっていない貴方に捧ぐ ジャニーズJr解説本

 

 

そもそもジャニーズって??

f:id:snow1024y:20171113144330p:plain

→日本を代表する男性アイドル特化型事務所
ジャニーズ事務所」、および所属するアイドル達の総称!

 アイドルはもちろん、俳優、モデル、バラエティーと
多岐にわたって活躍している人が沢山いるよ!
上下関係がきっちりしているから見た目チャラくても案外礼儀正しかったりするよ!

 かっこいい、かわいい、お笑いからセクシー、下は小学生、上はアラフィフなど、
幅広い人が所属しているので自分好みのアイドルが見つかるよ!

 

△「ジャニーズJr」って?

f:id:snow1024y:20171113144414p:plain

→一般的にはジャニーズ事務所に所属している
「CDデビュー」していない人たちのことを指します*1

 

<ジャニーズJrの主なお仕事>

・デビュー組のコンサートや音楽番組でバックダンサー(※出るか出ないか不確定)

・毎月放送される「ザ少年俱楽部」出演(※出るか出ないかは不確定)

・月々発売されるアイドル雑誌(※出るか出ないかは不確定)

・ジャニーズJrオンリーのコンサート出演(※出るか出ないかは不確定)   etc.

 

見ていただいてお分かりいただけると思うが、Jr、めちゃくちゃ不確定

 

△ジャニーズJrにもグループってあるの?

→あります
ダンスに特化したグループやバンドもできるグループなどグループ毎に個性も様々
グループに所属していないメンバーは「無所」*2と呼ばれていて、メディア露出もグループの人より減ります

 

△グループにいないとだめなの?

そんなことはないとは言い切れない(2017年現在)

以前までは、グループもほとんどなくその中でもシンメ*3はあったものの、割とジュニアもふわふわしていた。
推されている子が良く出てて、それと一緒にそこそこ人気の子も出てきて、
ある日はソロ、ある日はみんなで色んなパターンの組み合わせが見れていた
(分かりやすく例えるとキスマイとA.B.C-Zがぐちゃぐちゃ状態)

しかし、気が付けばあそこもグループ、あっちもグループと、いつしかグループまみれになり、
現在ジャニーズJrのグループが10以上乱立していた!

(どのグループのコンサートもメインバックも2015年まではバラバラだったのに、2016年ごろからはグループでメインに就くように)

グループじゃないとメディアでの仕事が(ほぼ)ないという恐怖の時代真っ只中!!

 

 

 

「えっ…Jr担しんど……」「辛くない…?」と思われがちですが、
不確定なりに楽しいこともいっぱいあるし、やっぱりその分辛いことも沢山あるのでそれについてまとめました。

 

Jr担 ここが楽しい

・成長が見れる!!

f:id:snow1024y:20171113145512p:plain

→Jrはデビュー組より比較的年齢が低く、少年が青年、青年が大人になる姿を

リアルタイムで楽しめる!!

関ジャニ∞の横山さんが「Jrと子犬の成長速度は速い」という名言をぶっ放すレベルで

みんな成長するぞ!!

 

 

 

・現場がいっぱい!!

f:id:snow1024y:20171113145632p:plain

→先輩のバックについたり、一緒に舞台に出たりするからお仕事はいっぱい!

ここ数年毎年夏、秋、冬にJrメインのライブと舞台があったりするので現場は多いぞ!

まれにデビュー組以上に現場を詰められて財政難に苦しむことがあるぞ!!

 

Jr担 ここが辛い

 

・仕事が不確定

f:id:snow1024y:20171113145806p:plain

→コンサートのバックの件だが事務所から「○○のバックに出演します」と

教えられることは一切ない

我々はどこで、どのグループがコンサートをしていて、その裏で誰が舞台で、
誰がテレビに出ているのかを計算してチケットを手配するため、考察力と勘と運が試される

 

 

 

・布教しづらい

f:id:snow1024y:20171113145850p:plain

→CDデビューをしていれば「ここおすすめなんだけど~」と言いながらCDを渡せる

初回限定盤があればそのままPV(+メイキング、特典映像)を渡せるから非常に教えやすい

しかしJr、CDはおろかやっているコンサートや舞台すら円盤にならない

動いている彼らを見せる手段が圧倒的に少ない!!!!悲しい!!!!

 

 

 

・いつ辞めたのか分からない

f:id:snow1024y:20171113150009p:plain

→アイドルオタク的に「辞める」と言うのはかなりショッキングなことなのに、

Jrはそれすら教えてもらえない。いると思って行ったらいないと言うのが普通に起きる。

 

 

 

バックを見にコンサートに行けば「Jr担かよ」と煙たがられ

応援しても事務所に推されなければ、露出も少ない。気付いたことにはもういない

Jr担とはかなり世知辛い生き物である

 

△プレゼントとかってどうしてるの?

f:id:snow1024y:20171113150150p:plain

→ジャニーズのコンサートにはプレゼントボックスがなくて、
舞台などで稀にあるけど、あっても手紙以外受け付けていないです。

 

我々オタクが出来るのは、手紙を書くということだけ。
「好きです」「応援してます」と書いた手紙を事務所に送ることだけ。
圧倒的メディア露出の少ない彼らに「好き」と伝えることの大切さはJr担は人一倍噛み締めている。


余談ですが手紙のほかに映像化希望や、出演希望の「要望」を出したり、
雑誌のアンケートにも真剣に答えるそのマメさはジュニア担はずば抜けてる。

 

△しんどくない?

正直めちゃくちゃしんどい

f:id:snow1024y:20171113150522p:plain

いつデビューするのか、いつ辞めるのか、
いつになったら自担がみんなに知ってもらえるか、それしか考えてない。
それしか考えてないのに現状がなかなか変わらない。
オタク同士で「かっこいい~!!」って明るく話していても後半は「デビュー……」と項垂れてしまう。

 

△それでも辞められない?

→辞められない
見つけちゃったんだもん!!私だけのダイヤモンド!!!!!!


とにかく自担がかっこいい!かわいい!すてき!!!!
そんな人を前にすると人間の脳は死ぬ、見事に死ぬ。
どんなに「もう無理」「降りる」って思ってても「世界一好き~~~~!!!!!」しか言えない。
脳内麻薬炸裂でずっと応援できるスイッチを押してしまう。

 

f:id:snow1024y:20171113150731p:plain


確約されない仕事を熟して、映像化も期待できないライブを日々熟し続けた彼らが、
東京ドームを満員にして、火花とか炎による派手な特効を使いこなし、
まばゆいスポットライトを浴びて、
「今まで応援してくれた皆さんのおかげで僕たちは今ここにいます」と、超絶エモいライブをするまで、私は絶対に応援し続けるぞ!!!!!!!!!!!!!!!

 

バックで踊っていたりするジャニーズJrも

よろしくお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

※なお、この文章は、1年ほどジュニア担をした新規ジャニオタが趣味で作ったものですので色々見逃してください。

*1:Jrに対して、CDデビューしている人たちは「デビュー組」と呼ばれることも有

*2:どのグループにも属していない→無所属→略して無所

*3:藤北、テゴマス、ふまけんなどのコンビ的なこと。ジャニーズについて語る上でなくてはならない概念

ガチ恋リアコはこれを聞け「アナタノセイデ」

お久しぶりです。現場の夏が終わって、現場の秋が来ました。Jr担待ったなしの怒涛の連勤期間を終えてひと段落つきました。帝劇、地方に松竹座、もう本当に大変だった。楽しかった。

少年たちとかラブ単独の話もしたいんですけどまず先にどうしてもこの話がしたくて久々にブログを書いてます。

 

 

 

今回はこれ「アナタノセイデ/Sexy Zone

 

 

f:id:snow1024y:20171111163333j:plain

 

 


これは先日発売されたニューシングル「ぎゅっと」の通常版のカップリング曲である。
ぎゅっと自体はちゃめちゃ可愛いし、ぎゅっとされちゃうし、何より人間国宝、センターオブザセンター佐藤勝利様の口から発せられる「普通に就職して」というフレーズはもう二度と聴けるものじゃないと思うのでその為にも買う価値はある。間違いなくある。

まあそんなぎゅっとの話は置いといて、今回紹介する「アナタノセイデ」だけど、やばい。まじでやばい。

 

 

 

 

 

オタクあるあるすぎる歌詞

 

 

突然 僕の目の前に姿現して恋させるなんて ずいぶんタチの悪い人だ

 

 

あなたは自担に恋に落ちた日を覚えているだろうか……?

テレビを見ていて何となく目に入った、雑誌で見てかっこよかった、元自担の後ろにいた、夢の中に出てきたetc..

色んな理由があったと思う。ちなみに私は気を抜いてテレビ見てた時に突然現れたタイプのオタク。そっからメロ。メロってる。

本当に、目の前(※テレビ)に現れたあの日、人生が180度ひっくり返るほどの衝撃を受けたあの瞬間、そんな瞬間を思い出す時にぴったりな歌詞である。

 

そんな人に刺さるこのフレーズ

 

 

挙句 全く脈もないようで涙も出ない

 

 

わかる。超わかる。脈がないどころなんてものじゃない。

 

こんなにエモエモのエモみたいな、ド直球なオタクの心境を表した歌詞が何と1発目のAメロで歌われるのである!やべえ!!やべえとしか言いようがねえ!!

 

 

 

この曲、歌詞自体はとある女性に恋をする男性目線のもので(歌詞が「僕」「女の子」から)、なおかつ脈なしで一方的過ぎる片思いという、まあぶっちゃけ超絶面倒くさい男の歌。

 

 

ただ!!その面倒くささが!!オタクの心に刺さる!!!!!ぶすぶすと刺さる!!!!!!!!!!!

 

 

どんなに頑張ってメイクしても、可愛い服を着ても、ヒールを履いても、自担はそんなこと知らない。

日々のスキンケアに食事制限、筋トレなど、全ては「○○くん(自担の名前を入れてね)」の為なのに、それを気付いてくれることなんて絶対に無い。

好きで、好きで、こんなにしんどいのに、○○くんはなんにも知らない。

 

そんなクソ面倒くさい女オタかよと言わんばかりの歌詞がこの曲には秘められている。

 

 

あなたのせいでこんなにも 苦しくなっているのだよ

この責任はどう取ってくれるおつもり?

 

 

行き場の無い悲しみや怒り、悔しさが全部自担に向いている瞬間を表したようなこの歌詞、なんとサビ。

サビのド頭からごっつい重い歌詞だけど、これ普通にガチ恋リアコじゃない人が聞いたらどうなんの?クソ面倒な男だな〜って感じなの?

 

 

あなたのせいで毎日が 喜怒哀楽で忙しくしてるんだ
あぁ そうか それもこれも 好きになった僕のせいか

 

 

好きだから仕方ない、というオタクの締めの一言をサビの締めに持ってくるSexy Zoneまじか。これはオタクの飲み会か。

 

 

しかしこの曲恐ろしいことにサビの歌詞が全部バラバラな上に、終盤になるにつれどんどん重くなっていく。

 

あなたのせいでこんなにも おかしくなっているのだよ
元にはもう戻れない怖い魔法だよ
あなた思い浮かべたら 気が気じゃなくなってしまいそうな僕を
ねぇ どうか 一度くらいはさ 好きになってもいいんじゃない?

 

 

好きでいることを止められないし、深みにハマりすぎてその人のことを考えすぎて気が狂ってしまったガチ恋リアコオタによる「1回くらいは私のこと好きになってよ」のやばさに匹敵するラストの歌詞には度肝を抜かされますよな…はーーー……

 

 

リア恋枠とかガチ恋wwとかよく笑いのネタにされるけど、これ本当にガチ恋リアコな人にとって自担の存在はまじでしんどい。ずっといて欲しい、輝き続けてほしい、好き、好き、大好き、好き、みたいに最初はプラスな方向でも、どんどん深みにハマって、好きなはずなのに精神的に限界を迎えることがある。なぜかって?好きだから。好きだから好きを止められない、加速し続ける好きを止めることはもう誰にもできないから。

 

説明なんか出来やしない感情だよ
「好き」がゆえに「嫌い」になりそうで
あなたとの出会いを恨みます そして
恨み切れず 愛します

 

好きすぎて「好き」が「嫌い」になる。

 

おっっっっっっっっっもい!!!!!!!!!!!!!

 

勝手に好きになって勝手に嫌いになるオタク重い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:snow1024y:20171111161318p:image

 

気持ち伝えるLove Love Love〜♡できる余裕はもうこのオタクに残ってない。

 


そんな僕の心なんか 早く 消えちゃえばいい
あなたなんかのせいで めちゃくちゃなんだ

 

 

勝手に好きになって、しんどくなって、好きな人を嫌いになる自分なんて消えてしまえばいい。

 

わかる(わかる)

 

 

あなたのせいでこんなにも 苦しくなっているのだよ
もはやこのもどかしさですら愛しい

 

 

私みたいなオタクが○○くんを好きでごめんなさい、みたいな時期めっちゃある。ありすぎて困る。現場の日の朝なのにモチベがなかなか上がらなくてしんどい思いをしながら現場に向かう日めっちゃある。

こんな見た目のオタクが○○くんのオタクでごめんなさい、でも好きなんです、嫌いにならないで、好きじゃなくてもいいから、もう嫌だグスグスってしながら結局終わったらハッピ〜最高〜しゅき〜〜〜♡♡♡しか言えなくなることってありませんか?あります。

 

 

あなたのせいでもう僕は 正解なんてもんも気にせず もしも
間違えて いたとしても あなたが好きだよ

あなたのせいだよ

 

 

自分の「好き」がなんなのか分からないまま、正解を見出せず、暗闇の中を歩いていくような生活。

 

この曲の「僕」は果たして好きなあの人に思いを伝えることが出来たのだろうか。

それとも思うことをやめてしまったのだろうか。

 

私達は「好き」をやめることができない。

そして「好き」を直接伝えることもできない。

応援してます、頑張ってください、書いてしまえば薄っぺらく見えてしまう言葉を紙に並べて「手紙」で伝えることしかできない。

 

こんな面倒くさいオタクでごめんなさい。

好きでごめんなさい。

 

そんなガチ恋リアコオタクの皆さん、是非こちらをよろしくお願いします。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B075CKDWQM/ref=cm_sw_r_cp_awdb_DCQbAbRDBVAZ2

光と音に愛された彼ら『~君たちが~KING’S TREASURE/SixTONES』2017.8.2

今年も行ってまいりました、六本木EXシアター。
去年のトラストぶりで、ワクワクというか緊張にぶん殴られたというか、吐きそう、お腹痛いと苦しめられながらも行ってきました。
SixTONES単独ライブは去年のクリエぶりということで、1年以上ぶりのスト単独、そしてスト単独MC。
私は彼らを知ったのが去年のクリエが終わった後だったんで、初単独。いやいや感慨深い。

 

今回縁があって2公演入ることができたので、レポは1部と2部がごちゃごちゃになってますがそこはご愛敬で。
あとあまりにも長すぎて公演のレポと感想分けました。

 

 


『~君たちが~KING’S TREASURE』SixTONES公演
2017.8.2 11:00~/14:30~

 

 

レポート

前半戦

・OP
モニターの映像が流れてスタート。
黒に白スモークがかった背景に文字が流れる
『-この世には影が存在し、罪なき人を襲う-』
ニュアンス的には、彼ら(SixTONES)の目に前に影が現れ、音も光も奪う。
もう二度と立ち上がれないように彼らを鎖で縛りつけた。
しかし影は大切なことを忘れていた。それは彼らがSixTONESだということだった

えっっっっっっっ激烈かっこいい!!!!!!!!!!!!!!
まさかのストーリー仕立てで攻めてくるSixかっこよすぎるTONES

そしてスクリーンが上がって、幕が落ちる。

 

・IN THE STORM
六分割されたJrタワーみたいなのが登場。
全ての箱にソファがあって、その上にメンバーが座ってるけど、鎖で雁字搦めになって身動きが取れない状態。あと鎖にちょいちょい白い羽がくっついてる。

 

ぎゃあああああああああ!!!!!!えっっすっご!!!!!!!!!!!1
Amaging!!!!!!の黒にスタッズにファーにラメみたいな最強の衣装を身に纏ったストのメンバーが鎖で縛られてる!!!!!!!去年の京北がロキパしたときもとんでもなかったけどとんでもねぇ。とんでもなさすぎて唖然。
体に絡みついた鎖をけだるげに持ち上げたり、足を組み替えたり、溜息をつく松村北斗さんマジでエロスの申し子。タナトスに囚われてる。

守るよIN THE STORMのところあたりから徐々に鎖を振りほどいて、みたいな感じで、いやあ…もう強い…担当の鎖を振りほどく姿を見れるなんて、すごい、えっすごいよSixTONES

show meで会場一回割れたんですけど、そこから巻き戻しみたいな音と一緒に体が戻る?ダンスがあって、めっちゃかっこよかったんですけど(ここまではソファの上)で、ラスサビの時には上段、下段ともにメンバーがセンターに集まって歌う。強い。強い。

 

・BE CRAZY
そこでその曲出しますか~~~!!!!!!(記憶がないからどうやって鎖マンションから降りてきたか覚えてない)
気付いていたけどSix生歌TONESさんなんで、みんなガンガン煽るし、めっちゃかっこいい。というか普通に歌めっちゃ安定感あるし上手い。
サビ前の京本大我くんの「お前ら声出せんのか!!」みたいなの聞いて腹の底から声出せて最高の気分だった。
一番最後のラインダンスがかっこよすぎてひゃ~って感じ…
すみませんかっこいいしか言ってなくて、でも本当にかっこいいんです。

 

・Brave soul
バルコニー続きのバックステージに6人が一列に並んで始まる。

うぉお~~~~!!!!!!で拳突き上げたさがやばい。やばすぎてやばい。ストに魂捧げたい。
これマジで本当にどっちゃくそ高まるし盛り上がるし、サビの手振りもできる範囲でかっこいいからこれをみんなで手振りする未来が欲しい…あっ、デビューコンサートですね、わかります。
これ何がしんどいってこの世界にまだ映像、音源ともに配信されていないこと~~~!!頑張って少クラさ~~~ん!!!!!!*1

曲の途中でバルコに別れるけど、バニボ組が下手バルコ、京本森本髙地が上手バルコ。
そこで3人ずつで踊るのめっちゃかっこいい。本当にかっこいいので期待してください。期待以上のものが見れます。

 

・P・A・R・A・D・O・X
ひゃあああああああ!!(違う)
KAT-TUNのデビューコンの時の銀衣装のイメージが強かったから、Amazing!!!!!!の衣装でP・A・R・A・D・O・Xされたら、死ぬ、死んだ。
イントロのジャーンジャーンジャーンジャーンのところの「あ、あああああ!!!」の歓声がすごすぎる。本当にここでパラドぶっこまれるとは思わなかった、えっかっこいい。
なんかもうかっこいいかっこいいって息切れしてたら次のかっこいいキスマイメドレーで普通に殺されることになった。

 

・3D Girl
テンポ落ちたと思ったらこれですよ、は~。私男性のハイトーンボイスというか裏声か地声かギリギリみたいな声が大好きで、俺だけを愛しなよ、みたいなサビでちょっと苦しいライン出されるのがちょ~~~好き、興奮する。
3DGirlで若干このままテンポ下げてムービンオンとかしちゃう??かな???とか油断してた、してしまった。

 

Drop the beat SixTONES
ここでドロスト!?!?
ただラップの部分だけだったのがもったいないな~ってかんじだったんだけど、それでもここでドロストぶち込まれて一気にテンション上がった。いや下がってないんだけど。
3D Girlのラストでヤグラみたいなの組んだ時からくるか?来るか?きたーーーー!!!!!!
樹ちゃんがヤグラからジャンプするのめっちゃ好きで、ここからドロストするか~!って思った、めっちゃ思った。

 

・FOLLOW×Hair
お気づきかと思いますが、OP始まってからキャーしか言ってません。すごい、息もつかせぬSixTONES。リアルにここまでってかMC入るまでキャーしか言わせてくれない。

マッシュアップというか、曲を重ねて2組に分かれて歌う感じ、とてもかっこいい。
Hairのところの北斗くん本当にかっこいいというか、求められたうえでやってる感すごいといいますか、完全に底にいたオタク全員殺しにかかってた。言い終わって立ち位置戻るときにちょっとニヤってしたのがツボ。

そして、FOLLOWの奪いに行くよSHINE for MEからのあのシャツめくりですが、6人善人でしたわけだけど、腰も入ってるから、キャーじゃなくてギャアアアアみたいなガチ悲鳴。EXシアター割れたわ、デシベルやべえわ。

 

・THE D-MORTION
会場のサイドにあった階段(バルコに上るためのあるやつっぽい)のがセンターに移動してきて、その階段に上った、こ、これはまさか、Dモだ~~~~!!!!!!!
今回全員がサングラスってわけじゃなくて、なんか半々くらいだった記憶。
北斗君はカラーサングラスで目が見えた天才。ジェシーが3Dの眼鏡みたいで全く見えなかったのがちょっとツボだった。
Dモ振りがちょいちょい変わってて、というかパワーアップしてて、眼鏡を外して戻すところで、京本さんが腰ガンガンに振ってて、ヒャッって感じ。姫が腰振るとびびる。

てか生歌で、聴けるっていいな〜かっこいいな〜!!すげえ〜!!!!って感じで見たポンペッ!!でした

 

・Tell me why
恐ろしく歌唱力が高い………さすが歌唱力のツインタワー……なんかもうペンライトも赤とピンクで包まれてたし、スト担ペンラ使うの上手い………

バラードってくると、一回ほっとするみたいなとこあるじゃないですか。私はちょっとふぅってなっちゃうんですけど、この曲は凄い。
キンキばりの歌唱力と表現力で2人で空間を制圧するものだからもう、定点。
ペンライトを振ることもできずただただその空間に飲み込まれた。

 

・1 for you
えっっっっうっそ!?!?!?声ちょっと低くなってる!!!!!!!!!!!!!
赤の衣装が良い感じにジャニーズJr感あって、すごかった。ブカブカの樹と対象的にむちむちな北斗くんの足……ガシガシ踊ってるJrが好きだからこの曲はめっちゃよかった。
私は歌って踊れるジャニーズが大好きなのでこれくらい踊られるとめちゃめちゃテンション上がります。

にしてもあの時可愛かったショタたちがこんな爆モテ顔面偏差値カンストになってしまうなんて誰が想像した……いや全然想像できたけど、きゅるるんの樹ちゃんがばっきばきにかっこよくなって…いやあれは可愛い、可愛いよ。うん。

 

・この星のHIKARI
そこでこれかーーーーー!!!!!!!光を身にまとったSixTONESかっこいいーーーーーー!!!!!!!!!!!エモいーーーー!!!!!!!!!!
ずっとかっこいいで攻め続けられて死にそうになってたんですけど、ここに来て柔らかめのSixTONESなんて…む〜〜〜〜り〜〜〜〜!!!!!
涙腺が弱いオタクなのでこの曲のイントロで涙がちょっと…出ましたね……

スト担による大合唱がめっちゃ良くて「いいよいいよ!」とかジェシーがめっちゃ嬉しそうだった。かわいい。

なんかこの曲の素晴らしさは少クラとか見たら分かってもらえると思うけど、スト担まみれの単独現場で聞くとまあ…良い……

 

MC

 

 

 

 
個人的にめちゃくちゃツボだったのはこのへんです。
いや~~~~すごかった。
ライブMCって普通10~15分?とかのはずなのに普通に20分以上してる。しかもこれ凄いのが1公演1時間45分くらいっていうこと。1/3がMCになるSixTONESさん。
楽屋のノリのまま喋ってるらしいけど、本当に内内のネタで盛り上がって、全員爆笑して視界から消える。まじで。舞台の上で笑い転げてる。
アイドル的にやばいか?ってなったらオフマイクでしゃべるし、突然野球拳するし、笑い疲れて一息つくし、自由すぎる。本当に。
それで話が面白いからすごいな~って思います。1回どうにかして見て欲しい。

 

後半戦

・エンドレス・サマー
少クラ生放送SPで披露したあの名曲です。
あの時は夏の夕暮れのようなエモさを纏っていて、大人になったSixTONESでしたが、MC明けの彼らはただの高校生でした。

1部は「それではお聞きください、永遠の夏」って樹ちゃんが言って、会場が「は?」ってなってた。で、スタッフさんにお願いします!永遠の夏!ってもう1回言ってスタート。

2部はトークが押しすぎて強制的に曲開始。樹ちゃんが「それではお聞きください!エンドレス・サマー!」って言っても始まらなくて、スタッフさんお願いします!!ってもう一回言って始まる。トークぶった切って曲が始まるのはSixTONESだけ!!
しかも樹ちゃんがボタン互い違いで出てきて、それを北斗君が注意して、メンバーみんなが大爆笑、樹ちゃん慌ててボタンを直すっていう珍事のまま歌が開始。
Aメロの時、ボタン互い違いがまだ尾を引いているのかジェシーと慎太郎が笑う、めっちゃ笑う、笑って割と詰まってて愉快でした。(それよい)
名曲を台無しにしやがって!!って怒るかもしれないけど、私はこういうのライブならではだな~って思うから好き。あっ、ちゃんとBメロからは普通に歌ってますよ。
夏のEXシアターで聞くエンドレス・サマーは、ちょっとぬるくなったソーダみたいな、放課後の味がしました。

・ジェットコースターロマンス
ジャニーズの夏と言えばこれ。ジェロマです。
ファンサするために会場中を走り回るSixアイドルTONESさん。

 

Sexy Summerに雪が降る
慎太郎がメリクリスマスッ楽しそうな曲。メリクリスマスッが毎度楽しみなやつです。
風磨くんの真似だれかするかな?って思ったけど特になかったです。

 

・BANG!BANG!バカンス
サマパラ2016の風磨くんで披露されたバンバカ。
銀テープ飛びそうだなって感じ(※飛ばない)

 

・Ho!サマー
う~~~どっかん!したくなる夏の定番。
1年ぶりのホッサマーですが、Cメロは捧げたくなるドルオタです。
誰か一緒に捧げよう。

 

・黒ーンズ
影は光を追い続ける…-みたいなことスクリーンが出たりしてましたが、出てきた影はこいつらでした。
カラーキャップの上から巨大な8分音符をかぶって全身マントを纏ったSixT、黒ーンズ……
もっと怖そうな人たちかと思ったら、かわいいな!?!?!?!?
KAT-TUN担なら知っているであるTEN-Gさんの再来です。

<コント>
田中クロさんが下手バルコから登場。そのまま階段を下りるけどマントの裾が長いから裾を持って降りる。その姿、マツコ・デラックス(違う)

メンバーがぞろぞろ出てきて、一人ずつ自己紹介
ジェブラ(※ジェシー):俺たちは黒。シマウマも白と黒。シマウマは英語でzebra。
田中クロ(※田中樹):説明特になし。トークのまとめ役。
トム・クローズ/ジャスティンビーバー(1部/2部)(※森本慎太郎):やたら外国人で攻めてくる。1部ではそんなに笑い取れなかったけどジャスティンビーバーはバカウケだった。
黒髙地(※髙地優吾):説明特になし
松村ほくろ(※松村北斗):「ほくろ↑?」「ん?ほ↑くろです!」みたいな可愛いやり取りをする北樹。可愛い。

話の最中に新メンバーがいるということで、ナイトメア京本(※京本さん)登場。

<1部>
ノート片手に(持っているていで)登場。
京本「黒ーンズとしての新しい1日が始まった。 でもきっと僕はこれからもひとりぼっちで僕はこのことを伝えて新世界の神になる~!(拳突き上げ)」

パンチの効いた登場である。

京本「リンゴ食べる?」「田中クロ、心臓麻痺~」
樹「まってまってwwww」

自由すぎる京樹である。

<2部>
京本「僕の名前はヴォルデンモート。」
樹「ねぇ予定にないこと言うのやめてwww」
京本「アブラカタブ~(真顔)」

田中クロさんあたふたしながら大爆笑。



結局捕まえれてないため上の人に怒られてしまいSixTONESを捕まえに行くことに。
ハーレーみたいなハンドル(ライト付)を握って曲が始まる。



♪チリンチリーン

チリンチリンかよ!!



曲の最中で樹「あいつらの悪口いってやろうぜ!!」と言って田中クロさんお得意のラップで悪口披露。
黒ーンズの歌詞はTwitterとかにめっちゃ流れてるしきっとどこかで披露してもらえる(とめっちゃ死ぬほど)信じてるのでここでは書きません。
一番のツボは北斗君への悪口の「私服のセンス意味不明 休みになったら行方不明」です。韻の踏み方と言いチョイスと言いさすがである。

そんでもって曲中の慎太郎のざいまーす!がすさまじくて。
2部の時はざいまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーすみたいなエンドレスロングトーンでメンバー爆笑、お前いつやめるんだよ!って感じで超面白かった。
拳あげて!力合わせ!せーの!ズードン!!!!!!って歌詞は本当に良いな~と思いました。
SixTONES=ズドン!が浸透しつつあるからこの勢いで広めてほしい。

そして黒ーンズ撤退、次の曲がやっぱりあれでした。

・jumpin' up
やっぱりね~~~~そのパリピノリの次はやっぱこれだよね~~~!!!!!!
客席一同待ってましたと言わんばかりのクラップ、言われてないのに手を叩く。さすがである。
多分会場のボルテージがMAXぶちあがったのは樹コールで、
この曲が来た時点で、やるか?おっやるか??とソワソワするスト担。(先日少クラで披露した時はラップカットだった)
じゅり!じゅり!!じゅりじゅりじゅりじゅり!!!!!!」って言うクレッシェンド加減がすごかった。さすがである。

個人的にラップ前に樹ちゃんにくっつく北斗君が可愛すぎて、こっ、これ見たことある~!!ガムパのやつだ~~!!!!ってなった。

 

・pray(ジェシー)
歌がうますぎる、上手いってレベルじゃない。
元々今回の公演全部生歌て時点でめっちゃ嬉しかったのにこの曲はアカペラである。アカペラである。
お客さん全員無言で見るからすごく静まり返ってて、神秘的でした……

・I got FLOW(J2)
英語のプロ(USA)×ラップの申し子(千葉)=最高of最高
ガラッと変えてきたジェシーとノリッノリで登場の樹ちゃん。
ジャニストのりゅかみコンビの持ち歌のこの曲だけど、りゅかみが歌うとどこかK-POPの雰囲気があったけど、J2コンビが歌うととんでもラップ曲になる、あとエロい。すごい。

 

・今夜貴方を口説きます(ゆごほく)
えっっっっうそでしょ!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

自担に対してなんで!?ってあんまり言わない(ほぼ)全肯定モンペオタですが、これは自分史上最高の敬意をこめて言った、なんで!?

いやだってこれはなんでってなるでしょ~~~~~~~!!!!!!!!!!!!
自担の北斗君と全スト担のリアコこと優吾に口説かれる2017夏ありがとう~~~~~!!!!!!
全力で「ゴシゴシ私はスポンジで~す!!」って叫んだら、会場全体って言うより一部担当が叫んでた。
最期のI Love Youは全観客を落とした。すごすぎた。
はっきり言うと、記憶がない。

 

・SUNRISE(京本)
作詞作曲 京本大我

辛くてしんどくて、本当にこれでいいのか悩んで、迷って、全部諦めようとしたという実体験を踏まえて書いた応援ソングなんですけど、激烈エモすぎて、私の中の京本大我イメージ図が完全に崩壊した曲でした。
自分に自信があって、何でもできて、努力はめっちゃしてるけどそれを見せず、クールだけどアホみたいなイメージがあったんですけど、そうだよな…この人はスーパーマンでもなければただの男の子なんだよな…ってなったし、そんなにしんどいのに諦めず前に進んだのか……

 

・愛のマタドール(京慎)
からのマタドーーーーール!!
20歳を迎えた森本慎太郎さんのマタドールやばい、やばすぎる。
金のステッキを振り回す慎太郎さんが大人の男で…これが20歳……
また途中から出てきた京本さんは番傘を持っていて、ギターが傘に……
両サイドの階段に二人が居て、途中で階段が動いて、最後に階段から飛び降りるけど、飛び降りた瞬間、おおってなった。結構高いところだったんですよ。

 

・DON'T U EVER STOP
かっこいい曲×かっこいいSixTONES=無敵
ここから衣装はIN THE STORMのデニム衣装です。

センターからスクリーンが降りてきて、そのスクリーンに自分の影が映し出されるっていう。ざっくり言うとSixTONES(彼ら)を捕えようと追う影との決着をつける曲です。
曲が始まる前に「影を断ち切らなければいけない」的な文字が出てきて、あっ今からなんかするなって思ったんですよ。

いやもうそれが超かっこいいの、聞いて。

ドンストのパリーンッて割れる音が自分の影を壊す音になってて、このライブの為に作った曲かと思うくらいすさまじい演出でした。回し蹴り、飛び蹴り、グーパンなど様々な形で影を破っていくんですが、なんとこれFull。普通1バン+ラスサビくらいなのにドンストはFull。すげえ〜!!!!!!
あとフロム千葉ね!!フロム千葉!!!!

 

・Peak
個人的にこの曲をきっかけに北斗君を知ったから思い出深い曲だったんですけど超楽しかった~~~!!!!

ストのわちゃわちゃした曲をわちゃわちゃした振りで踊ってるのが大好きだからめっちゃよかった!!
ドンストとのギャップがすさまじすぎて大変だったけど。

 

・Rock'n
「懐かしい曲だ~!!」って慎太郎が確か叫んだ。

スト担というか、バカレア組からのオタク的には凄く良いチョイスだったんだろうな~私もうれしい~って感じ。
ペンライトが拳と共に突き上げられる現場なので思う存分突き上げた。

 

・NEIRO
一人ずつ曲が始まる前に一言言う。
この6人でよかったとか、これからもよろしくね、とか。きっと口で言うのは照れ臭いだろうし、言いたくないだろうなってことを包み隠しながらも言葉にしてくれたのは凄く嬉しかったし、ああこの人たちについていこうって思った。

NEIROの何がすごいって、当たり前なんですがKAT-TUNの曲なんで6人編成なんですよ。パートを色々調整したら歌えるけどこの曲だけはできないようになってる。
「帰る場所は君が奏でる」って最後の歌詞を6人が1人ずつ歌っていって最後にみんなで歌って終わるんですよ、それがSixTONESが歌う。まぁ~~~~~エモい。
歌詞も今のSixTONESにマッチした雰囲気で、KAT-TUN担としてもSixTONES担としてもすごく、すごく良かったしこの曲で終われてよかったって思った。

 

・Amazing!!!!!!
終わらないのがSixTONESなんですよね~~~~~知ってた~~~~~!!!!!!

この曲が始まる前に英文とジェシーのナレが入るんですけど、

「彼らは影を倒した」
「これから先も影に狂わされることがあるだろう BE CRAZY」
「この星のHIKARIが 嵐の中でも(IN THE STORM) 照らしてくれる」
「なぜならあなたたちは」

「Amazing!!!!!!」
(※超ニュアンスです)*2

そして登場するSixTONES。あの構えで始まるAmazing!!!!!!

いや~~~~かっこよすぎて言葉も出ない。
東西、祭りでは披露されたけどTVでは披露していないフルが単独だから披露されるこの世界に感謝。個人的にすごすぎてびっくりしたのは最後に色とりどりの羽が舞うことですよね…銀テとか花吹雪は分かるけど羽って…すごい……
 

・SHOW&SHOW
Amazing!!!!!!が終わってみんなが軽く挨拶して捌けていくと、まだAmazing!!!!!!が流れている。
メンバーが「まだ声出せるよな!」とか言って煽ってきて、そのまま曲に合わせて「1.2.3.4.5 SixTONES!!!!!!」ってやって、「そんなんじゃ出れないよな!?」みたいなのをやってやっと登場。

どえらい明るい曲でアンコールスタート。
確かみんなファンサしたりバルコ行ったりしてた…?(楽しくて記憶はない)

 
曲が終わって捌けてから、SixTONESコールをするとみんなすぐ登場。

「すぐ出てきたから何喋るかなんも考えてない!」

で、みんなで楽しかった~とか、そういうニュアンスのことを話してたはず…
あと、SHOW&SHOWがアンコール曲だからってめっちゃ力説してて「拡散しといて!!」ってみんなが言ってたのが面白かわいかったです。

 

感想

キントレのSixTONESを見て

一生この人たちについていこうと思いました。
私にとってサマステって思い出深い現場で、1年後にこうやってSixTONESのみんなを見れて良かったなと思いました。

SixTONESってライブや少クラでも分かる通り照明がすごいんですよ。特効自体すごいんですけど。
1人ひとりのソロの時にはちゃんとその色に変わったり(Amazing!!!!!!)、スモーク炊きまくったり。多分アリーナとかドームだと火花とか炎がすごい。そんなことを予感させてくれる人たちなんですよ。
そんな彼らが1曲目のIN THE STORMの時、暗い光の中、囚われて登場するものだから度肝を抜かれました。セトリだけ見てもやばかったのにそんな仕掛けが…
光を奪われた彼らは暗闇の中歌って、サビで脱出するんですけど。
少しずつ光を取り戻していって、ドンストの時に影の自分と戦うっていう仕掛けはよくできているなあと。
彼らにとっての影って、普通の影なんですけど、光を浴びれば浴びるほど大きくなっていく存在で、それはもしかすると噂だったり、しがらみだったり、それこそ彼らを縛り付ける「大きな何か」なのかなって。
そんな影を断ち切って、己の足で前へ突き進むストのみんなは本当にかっこいいなと思いました。

音に関してもすごいなと思ったのが、全編生歌ってところです。
デビューしても上から重ねたりするジャニーズのコンサートで、Jrの彼らが生歌。
生歌だからこそ煽れるし、ドンドンお客さんをノセていける、会場は盛り上がる。
きっと煽らなかったとしてもライブは盛り上がったんだろうけど、あの熱量は生歌だったからこそなのかなと思ってしまうよね。SixTONESに甘い私です。

今回の公演のテーマが「音と光」と北斗君も言ってたんですが、光と音を操る彼らだからこそ今回のライブが最高で最強だったのかなと思います。
きっちり揃ったダンスでもなければ、アクロバットもできない。前面に出せるほど楽器もできない。それでも彼らには華がある。
一目見て「かっこいい」と思わせられるほど華やかで、きらびやかで、それでいて超がつくほどかっこいい。かっこいいのだ。結局。

SixめっちゃかっこいいTONESなんです!!!!!!

 

今後のSixTONESについて

単独終わって、サマパラのバックして、明日、というか今日から合同で、来月からは少年たちという多忙スケジュール…スト担のみんな頑張ろうな……


今回最後のナレーションを振り返ると、

「彼らは影を倒した」
「これから先も影に狂わされることがあるだろう BE CRAZY」
「この星のHIKARIが 嵐の中でも(IN THE STORM) 照らしてくれる」
「なぜならあなたたちは」

「Amazing!!!!!!」

 SixTONESのことはずっと彼らで表現してきたのに、最後の部分だけ「あなた」になってる。
多分このあなたたちって言うのはスト担のことを表すんじゃないのかなって思います。AmazingなSixTONESについて行く私たちスト担もAmazing、なんて強い集団なんだ……

彼らについて行くときっととんでもなく素晴らしい未来がみれるんじゃないかと常々思っています。
だから私は彼らに一生ついて行くし、彼らを照らす光になりたい。
いつの日かSixTONESデビュー!って言って華々しくドームで踊り彼らが見たいなと思います。
光と音に愛されたSixTONESならきっとそうと信じてます。


本当に楽しかった!!ありがとう!!これからもついて行きます!!!!!!


*1:2017.8.4の少クラで全世界配信されました

*2:色んな方のレポを参考にさせていただきました

Love-tune単独ライブおめでとうございます

Love-tuneが単独ライブをするらしい。

 

 

f:id:snow1024y:20170728141924j:image

 

ジャニーズJrの彼らが単独ライブである。

 

しかも場所がZepp Diver City

 

Zepp Diver City

 

Zeppと言えばオールスタンディングのライブ会場。EXシアターで慣れているとはいえオルスタ。アイドル×バンドだからこそ出来るオルスタである。

 

 

 

 

 

いや〜!!Love-tuneおめでとう!!!!!!!!!!!!!!

 

超超ドドド新規のラブ担ですが嬉しい!!!!!!!すごい!!!!!!!東京ドームで単独ライブをするという夢に向かって1歩ずつ着実に足を進めているのが見えるよ!!!!!!!!!

 

我が自軍SixTONESは少年たち、そして少年たちのライブツアーを、そして、Love-tuneはアイランドからの単独ライブ!!!!正直単独ライブというのは羨ましさの極みである。

 

ジャニーズJrで単独ライブって言うのが大好きな元KAT-TUN担としてLove-tuneは絶対にライブ成功させてほしいし、なんならそのままデビューしてほしい!!伝説のライブでデビューを誓ってほしい!!!!!!!

 

 

 

本当の本当に、Love-tune単独ライブおめでとうございます!!!!!!!

 

キントレでSixTONESに歌って欲しい曲の話

サマーステーションが始まって、六本木EXシアターも盛り上がり始めました。夏のライブハウスは密度と熱気は嫌いですが、終わったあとのビールが美味しいので大好きです。

 

この夏もサマステ、もといキントレに行くのでその時にSixTONESに歌って欲しい曲を今のうちにまとめといて、会場で答え合わせ的なことをしようと言うのが今回の目論見です。外れても何もありませんが当たったら帰りにビールを飲みます。

 

 

 

ちなみにですがお察しの通り、『元々KAT-TUNが好きだった』『あんスタではUNDEADP』『ツキプロではSolidS』というギラギラしたものが好きな女によるものなので偏りはご愛敬で、お願いします。

 

 

 

*Crazy Accel/A.B.C-Z
強さ:★★★★☆
エモさ:★★☆☆☆
しんどさ:★☆☆☆☆
選曲理由:
・転げ落ちるみたいに加速したい
・初っ端の「Crazy Accel」で沸きたい
・こなれたSixTONESさんによるベイベッベイベーが見たい

 

えびさんとストってなんかマッチしないんだよな〜と思ったけどどうしてもこれは歌って欲しい。私の中のストのイメージが「黒い」「強い」「ギラギラ」「割と男子高校生」に対してえびさんが「アクロバット」「SHOWTIME」だからかな……ストからアクロバットはちょっと連想できない………

 

 

 

*春夏秋冬/KAT-TUN
強さ:★☆☆☆☆
エモさ:★★★★★
しんどさ:★★★★★
選曲理由:
SixTONESが失恋した瞬間を見てみたい。
・強烈にエモそう。
・てかこの曲を歌う北斗くん絶対やばい。未練が凄そう。
・でも一番エモいのは多分慎太郎
・慎太郎の「今より誰も愛せないよ」が聴きたい。

 

*Movin' on/KAT-TUN
強さ:★★☆☆☆
エモさ:★★★☆☆
しんどさ:★★★☆☆
選曲理由:
・そろそろ歌ってもいい年齢になったと思う
・「0時過ぎても側にいて ガラスのクツ忘れたPrincess」を樹ちゃんの声で聴きたい。
・マイクスタンド使って6人で横並びになってmovin' onしてほしい


*NEVER AGAIN/KAT-TUN
強さ:★★★☆☆
エモさ:★★★★☆
しんどさ:★★★☆☆
選曲理由:
・フルが見たい、フルで見たい。
・ちゃんと「Listen」からお願いしたい。多分それはジェシーがしてくれる。
・躊躇いの迷路でさ迷いたい。

 

*WILDS OF MY HEART/KAT-TUN
強さ:★★★★★
エモさ:★★★★☆
しんどさ:★★★★☆
選曲理由:
・絶対強い。めっちゃ強い。
・ヘドバンしながら暴れ回りながら歌って欲しい。
・Cメロでみんなの裏声を聴きたい。
・「はしゃいでた 旅立ちの日はいつも」の北斗くん多分強烈にやばそう(語彙力0)
・「君と共に」で天を仰いで欲しい

 

懐古厨なので古めの曲です。今のSixTONESがKAT-TUNから取り込むならって考えると「切ない」「大人の恋」みたいな曲をやってほしいかな?と思いました。Movin' onとかは全員が成人済み=「大人」になったSixTONESだからこそ見てみたいです。ちなみにネバアゲとWILDS OF MY HEARTは趣味です。

 

 

 

*VersuS/Kis-My-Ft2
強さ:★★★★★
エモさ:★★☆☆☆
しんどさ:★★★☆☆
選曲理由:
SixTONESがVersuSしてる構図見たくないですか?私は見たいです。オタクってほら…こういうの好きじゃん………
・どう分かれるのかは知らんけど(雑)、京本くんと樹ちゃんと慎太郎が一緒になったら死ぬほど強そうなパリピ軍団だなとは思う。

 

あとキスマイは昔やった曲(Luv Sickとか運命Girl)あたりが好きだったのでそれを超える歌って欲しい曲が見当たらない……あといいなって思ったの大体ラブかスノが歌ってる………しゃーないな………とりあえずちょっとキスマイ勉強しますね…………

 

 

 

*It’s Going Down!/菊池風磨(Sexy Zone)
強さ:★★★★☆
エモさ:★★★★★
しんどさ:★★★★★
選曲理由:
SixTONESとMondayから始まりたい
・ソロ曲を6分割するの無理って分かってるけど見たい、聞きたい、見てみたい。
・無茶と分かっていても6人で歌って踊ってほしい。
・てかSTAGEで5分割できてたから出来るって

 

やっぱり風磨くんの歌って欲しいみたいなところはあるけど歌ってしまってはいけないというイメージもある…でも初年のサマステで平野くんがrouge歌ったのを見てワンチャンいける…?と思って、尚且つSTAGEでのソロ分割を見たので「もし歌ってもらえるなら!!出来ることなら!!」でこのチョイスでした。出来ることなら私のオキテ…って思ったけどあれはLove-tuneの皆さんにガチ女装でやってもらいたいからそこんとこお願いします。

 

 

 

*Cant'stop/ジャニーズWEST
強さ:★★★★★
エモさ:★★★☆☆
しんどさ:★★★☆☆
選曲理由:
・最初のハァーーーァアーーーって所で会場は割れます(断言)
・初っ端の「Cant'stop」のところを京本くんに決めてほしい。そこは君だ。
・「綺麗な愛なんて I don’t care」してほしい。綺麗な愛なんて無さそう。
ジャニーズWESTのカッコイイ系の曲をSixTONESが歌うと元のかっこよさに爆モテを足すので更に人を殺せます

 

*CHO-EXTACY/ジャニーズWEST
強さ:★★★★★
エモさ:★★★☆☆
しんどさ:★★★★☆
選曲理由:
・いや無理って分かっててもやっぱ見たいじゃんこの流れ
・君のアイラブユーに殺されるのは樹ちゃんでお願いします
・樹ちゃんハート作って。マイク持ちながら。
・まぁないとしても見たい
・サマパラ2015でパリマニしてたから君たちもきっとできる(時期的な意味で)

 

「関西弁」「近所のお兄ちゃん」「何かめっちゃ楽しい」みたいなイメージのジャニストの中でも死ぬほどかっこいい曲を抜いてきました。CHO-EXTACYはありえないと分かってるけどちょっと見てみたい。でも多分現実的に考えてもジャニストの曲やらない…いや、ええじゃないかこの前してたしいけ、る?か??

 

 


とりあえずこんなところかなあって感じです。多分どれもやらないと思うけどもしなったら嬉しいな〜くらいの感覚です。ソロ曲もやりたい。

 

2017年7月7日の少クラが多分やばいから見て欲しい

2017年7月7日(金) 「ジャニーズWEST・ジャニーズJr.初披露曲!」

テーマは「願い」。Sexy Zoneは、ジャニーズJr.と「High!! High!! People」を、ジャニーズWESTは「CHO-EXTACY」を披露。さらに、Mr.KING、Snow Manは新曲を、Love-tuneTravis Japan、関西ジャニーズJr.とSixTONESコラボレーション曲も必見!「少クラジュニアクイズ」には、Princeの岸優太と東京B少年の金指一世が登場!

 

 

 

 

明日放送される少クラがやばい。もう24時間切ってるし、ジャック・バウアーも地球守れるかギリギリくらいの時間なんだけど、はっきり言ってやばい。デビュー組推してる人もジュニア担も確実に殴り殺される。撲殺だ。ボコボコのメッタメタだ。

 

いや本当にやばいから見てほしいんですけど、とりあえず何がやばいのか語らせてください。そしてこれを今日読んだ人は明日何とかして少クラを見てください。

 

 

 

 

 

「High!! High!! People」/Sexy Zone

これは本当に本当に可愛いんですよ〜!!!!!!!!

2012年に発売された「Ladyダイヤモンド」のカップリング曲で今年度ぶっちぎりエモかった現場大賞取れるSTAGEコンにて披露された死ぬほどキラキラ可愛い曲。Ladyダイヤモンドさんは各所で歌われまくって、キーまで変えられて「大人の貴女に捧げるガチのLady👧💗👑ダイヤモンド💍」になってしまいましたが、この曲はキーも変えずにキラッキラの可愛さのまま世界に再配信されてしまったんですよ。本当に可愛い。

ちなみにLadyダイヤモンド、カップリングに勇気100%もあります。語り継がれる名曲。

 
「CHO-EXTACY」/ジャニーズWEST

これは言わずもがなだと思いますが、去年の24コン初披露、そしてなうぇすとで全国津々浦々回りながら、全ジャス民を叩き潰したあの伝説が、遂にテレビ初披露……きつい……殺される………(※なうぇすと行ってない)

overdose」やら「悪魔のパスポート」やら意味深な歌詞と魅惑の腰つきで女性ホルモン活性化させまくった例の曲です。意味深すぎて超やべえよ、まじで。詳しくはこちらの歌詞をご覧下さい。

http://j-lyric.net/artist/a058b38/l03b872.html

 

ちなみに、中間淳太さんの腹チラへそチラ内股腰振りが視界の暴力でマジでナニがアレでFantasticなのと、神山くんの「君のI Love Youに殺されそう」がダントツやばいので24コン見てない人は購入をご検討ください。

 

関西ジャニーズJr.とSixTONES

私は行けてない伝説の東西のアレです。なんかすごいやつでしょ。

関ジュって存在自体がぎらついてて全ての物事に貪欲に生きるハングリー精神旺盛のサバンナ(関西)のジャニーズJrってイメージなんですけど、関ジュに負けず劣らずハングリー精神旺盛で、関東なのに笑いを取りに行く、そしてかっこいい!かっこいい!!(重要)なSixTONESさんのコラボですって!!!!!奥さん!!!!

無所時代のジュニアのハングリー精神も、凄かったけどここ2組は多分なんかもう、生肉与えた瞬間消え去るサバンナくらいやばそう。サバンナ行ったことないけど。

 

Love-tuneTravis Japan

はいきたーーーーー大本命ーーーーーーー!!!!RELOADという神コラボから早く4ヶ月

ーーーーーー!!!!!!!!!!

ラブトラさんが例の曲をするんですって!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

世界中の女性が星空のカーペット歩いて2人きりのワンダーランドに行けちゃうあの歌ですよ!!!!!!!!!!!!!(答えほぼ言ってる)

 

いや大本命オブ大本命というか、だってこの歌やったのJr祭りだし、これやるってことはキントレラブトラ公演でやるじゃん!!!!!やったな!!!!!!!神かよ!!!!!!!!!!!

リローオーォーォーォーオーォーの大人の色気で瀕死状態だったのに、ここに、ここに!!森田美勇人がいる!!!!!!!!!体の8割足の森田美勇人が繰り広げる大人のラブソングとか!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

無理

 

 

 

 

とりあえず皆さん、少クラを見てください。

2017年7月7日(七夕だよ!)18:00放送予定のザ少年倶楽部を見てください!!!!!!!!!!!